「使用罪」創設に賛成多数=大麻の厚労検討会、医薬品は是認

厚生労働省の検討会は11日、大麻を中心とした薬物対策の在り方について報告書をまとめた。現行の大麻取締法に規定されてない「使用罪」の創設について、賛成意見が多数示されたが、報告書には反対意見も明記された。
検討会は大麻を原料とした医薬品の国内使用を認めるべきとも提言。厚労省は審議会でも検討を重ね、早ければ来春の法改正を目指す。
報告書では、大麻使用罪がないことが「使ってもよい」とのメッセージになりかねないことや、他の薬物の法的規制との整合性をとるため、使用罪が必要とする意見が多かったとした。
一方、「薬物乱用者への回復支援が重視される国際的な流れに逆行する」「使用罪導入が大麻使用を抑制する根拠が不十分」といった反対意見も記された。
大麻を原料とした医薬品については、海外で難治性のてんかん治療薬として承認されていると指摘。国内でも流通管理の仕組みなどがあれば、製造や使用を可能とするべきだとした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする