「完全に干す」「脅しておいた方が…」平井デジタル相発言…五輪アプリの減額交渉で“不適当な表現”

国内外で賛否の声が挙がる東京オリンピック。
出場する外国人選手や大会関係者向けに政府が開発中の“五輪アプリ”の事業費をめぐり、平井デジタル相が職員に出した指示が波紋を呼んでいる。
平井卓也デジタル相(朝日新聞音声):デジタル庁はNECには死んでも発注しないんで。脅しておいた方がいいよ
そもそも五輪アプリとは、海外からの観客や外国人選手らを対象として…・入国審査などの手続き・入国後の健康状態の報告・五輪会場での顔認証・帰国後の陰性証明書の取得支援などを想定しているもの。
しかし、海外からの観客を断念したため、入場時の顔認証機能を削除するなど、機能を縮小。
それに伴い、平井デジタル相は4月のオンライン会議で、開発を請け負ったNECとの減額交渉について協議しており、その中で内閣官房の幹部職員に指示を出したという。
平井卓也デジタル相(朝日新聞音声):このオリンピックであまりぐちぐち言ったら完全に干すから、あれね。どこかさ、象徴的に干すところを作らないとなめられちゃうからね。やるよ本気で。
交渉の結果、当初は約73億円だった契約は約38億円に減額。
平井デジタル相は「強い気持ちがないとコスト削減できない」として、自身の指示を次のように釈明した。
平井卓也デジタル相:10年来、私が一緒に仕事をしてきた仲間でございますので、非常にラフな表現になったなとは思う。表現はやっぱり不適当だなと思いますが、今後気をつけていきたい。

国民負担を減らすための交渉だったとしても、大臣としての態度とその表現には問題があると言わざるを得ない今回の指示。
街からはこんな声が挙がっている。
20代男性:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする