高齢者の被害防ぐ女性2人に感謝状 市川署 電話de詐欺

電話de詐欺の被害を防いだとして、市川署(斎藤誠署長)は、タクシー運転手の清水優子さんと、コンビニ「ファミリーマート市川南大野店」の店員、林由美さんに感謝状を贈った。
同署によると、4月30日、同店に来店した80代の女性が携帯電話で通話しながら入退店を繰り返し、高額の電子マネーカードを購入しようとしたことから、2人は詐欺を疑い声掛けするなど協力して被害を防止した。
同署は県タクシー協会京葉支部と協定を締結。協定により、電話de詐欺など事件事故の発生が疑われる場面に遭遇した場合、警察に速やかに通報したり、警察の要請に応じてドライブレコーダーの録画映像も提供したりする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする