「ランドクルーザー」進化の裏に自衛隊 三菱に2度敗けたトヨタ 知られざる「戦い」の歴史

4輪駆動車の代表的存在となっているトヨタのランドクルーザー。このクルマの誕生には、自衛隊の前身である警察予備隊が大きく関わっています。自衛隊をめぐる三菱とのバトルが進化させたといっても過言ではない、ランクルの歴史を探ります。
トヨタの新型「ランドクルーザー」が2021年6月10日(木)、発表されました。ランドクルーザーは1951(昭和26)年に初代「BJ系」が登場して以来、今日まで連綿と改良されつつ生産・販売されているトヨタの代表的車種です。
「ランドクルーザー」進化の裏に自衛隊 三菱に2度敗けたトヨタ…の画像はこちら >>トヨタのランドクルーザー70系(画像:トヨタ)。
初代「BJ系」の誕生には、当時の日本政府が、警察予備隊(現在の自衛隊)の発足によって、各種装備を大量調達する必要に迫られたことが大きく関係しています。隊員の足となる汎用性の高い小型4WD車両をそろえるにあたり、アメリカ軍供与の「ジープ」では数が足りないことから、当時の国内自動車メーカー3社、すなわちトヨタ、日産、三菱に対して国産の4輪駆動車を開発するよう打診したのがきっかけでした。
これに対して、トヨタは「トヨタジープ」を、日産は「パトロール」を、それぞれ独自開発した一方、三菱は「ジープ」の開発元であるアメリカのウィリス社とノックダウン生産の契約を結び(のちにライセンス生産へ移行)、「三菱ジープ」を製作。各種トライアルの結果、アメリカ軍との互換性などを鑑みて、三菱ジープが維持運用に優れていると判断され、採用されました。

なお、名称が「トヨタジープ」から「ランドクルーザー」に変わった理由、それは「ジープ」というのがアメリカ・ウィリス社の登録商標だったからです。そのためトヨタジープは、誕生から3年後の1954(昭和29)年6月にランドクルーザーに改名しています。
では、1951(昭和26)年に三菱ジープ(1/4tトラック)が制式化されて以降、ランドクルーザーが自衛隊に制式採用される機会はなかったのかというと、そうではありませんでした。
実は1970年代に、再びランドクルーザーは、自衛隊の4輪駆動車のトライアルで三菱ジープに戦いを挑んでいます。
海上自衛隊が使用するランドクルーザープラド(柘植優介撮影)。
1971(昭和46)年、防衛庁(当時)は、既存の1/4tトラックの後継として、より積載量の大きい1/2tトラックを導入しようと計画。その際に三菱ジープの新型とともにランドクルーザー40系を比較・試験しています。
ランドクルーザー40系は1960(昭和35)年1月に登場し、1984(昭和59)年まで四半世紀にわたって国内販売され続けたロングセラーモデルです。
このとき、防衛庁は、積載量の増大とともに、エンジンのディーゼル化も図ろうとしており、三菱、トヨタともにディーゼル搭載モデルを製作し、トライアルに挑んでいました。
比較の結果、防衛庁(当時)は三菱ジープの改良型を採用することに決めたため、再びランドクルーザーは敗れたものの、もしこのときにトヨタ車が採用を勝ち取っていたら、そのあとの自衛隊の小型4輪駆動車を含む、国産4WD車両の流れは違うものになっていたかもしれません。
ちなみに、ディーゼルエンジンを搭載したミドルホイールベース型の三菱ジープが「73式小型トラック」として採用された1973(昭和48)年、トヨタはランドクルーザー史上初のディーゼル仕様として、HJ45を発売しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする