「news23」小川彩佳キャスター、2年ぶりの党首討論で「最も具体的だったのは、菅総理の思い出話」

9日放送のTBS系「news23」(月~木曜・午後11時、金曜・午後11時半)で、国会で約2年ぶりに行われた党首討論を報じた。
菅義偉首相は、新型コロナウイルスのワクチン接種について「今年の10月から11月にかけて、必要な国民については全てを終えることを実現したい」と表明した。また、五輪開催に関し「国民の命と安全を守るのが私の責務だ。守れなくなったら開かないのは当然だ」と説明した。
一方で立憲民主党の枝野幸男代表との討論で、枝野氏から「開催を契機とした国内の感染拡大」のリスクがある中で開催の前提とする「国民の命と健康を守ること」の意味を問われた場面で、1964年の東京五輪の思い出話を披露するなど議論がかみ合わなかった。
スタジオで小川彩佳キャスターは党首討論に「菅総理、初めての党首討論は、新型コロナとオリンピック・パラリンピック一色でしたが」とした上で「リスクに対する対応策、具体策を問われる中で最も具体的だったのは、菅総理の思い出話だったような気がするんですけども」と指摘していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする