田崎史郎氏、党首討論で菅首相の「乗り越えることができた」発言に「言い過ぎ…あげ足取られます」

政治ジャーナリストの田崎史郎氏が10日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。
番組では、国会で約2年ぶりに行われた党首討論を報じた。
菅義偉首相は、新型コロナウイルスのワクチン接種について「今年の10月から11月にかけて、必要な国民については全てを終えることを実現したい」と表明した。また、五輪開催に関し「国民の命と安全を守るのが私の責務だ。守れなくなったら開かないのは当然だ」と説明した。
また菅首相は五輪開催の意義について「テレビで40億人が見るとも言われる。東日本大震災から復興した姿というものを見て欲しい」と述べ、また「世界が新型コロナという大きな困難に立ち向かい世界が団結してこれを乗り越えることができた。そうしたこともやはり世界に日本から発信したい」と述べた。
田崎氏は、菅首相の「乗り越えることができた」発言に「できたっていうのは、言い過ぎだと思いました」とし「そういうふうになるように今、ワクチンっていうのをやっています、と。それを一生懸命やってるんですいう趣旨で言っておけばよかったのを、できたって言っちゃうと、あげ足取られますよね」と指摘していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする