東北 あす11日も真夏日続出 熱中症に十分注意

東北 あす11日も真夏日続出 熱中症に十分注意の画像はこちら >>
東北はあす11日も最高気温が30度以上の真夏日の所が多くなる見込みです。連日の慣れない暑さ、こまめな水分補給が大切です。
あす11日も季節先取りの暑さ
きょう10日の東北地方は晴れて暖かな空気が流れ込みました。東北地方の約3割の地点で30度以上の真夏日になり、今年一番の暑さの所が多くなりました。厳しい暑さはあす11日まで続く見込みです。予想最高気温は山形市と盛岡市32度、福島市31度、秋田市30度など、内陸や日本海側を中心に真夏日の地点が多くなるでしょう。内陸は寒暖差も大きく、山形市や盛岡市は一日で15度以上も変化しそうです。朝は涼しくても、昼間は熱中症に警戒が必要な暑さです。服装選びに気をつけてください。12日からは極端な暑さはやわらぎそうですが、湿度が高く蒸し暑い日が増えるでしょう。
熱中症 応急処置の注意点

あす11日も極端な暑さの所が多くなります。強い日差しを避けたり、こまめな水分補給を心がけましょう。沢山の汗をかいたときは適度な塩分もとりましょう。スポーツドリンクが手軽ですが、水に塩分を足すときはイラストを参考にしてください。ただし、おう吐の症状があったり意識がない場合は、無理に水分を取らせるのは危険です。すぐに救急車を呼びましょう。
この先も雨は続かず
12日は日本海側を中心に雲が増えて、13日にかけて雨の降る所もありそうです。ただ、最新の予報では雨量が少なくなり、来週も雨は降っても続かない予想になってきました。平年の梅雨入りは、東北南部が12日ごろ、東北北部が15日ごろです。予報が変わりやすい時期ですが、場合によっては東北の梅雨入りは平年より遅れる可能性もでてきています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする