杉並区 12~39歳ワクチン優先 7月13日から予約・接種開始

東京・杉並区は、新型コロナウイルスのワクチン接種を、12歳から39歳までを40歳から59歳より優先し、7月13日から予約と接種を行うと発表した。
杉並区は6月21日から、12歳から65歳未満へのワクチン接種券を発送し、12歳から39歳までの予約や接種を7月13日から始める。
感染者の半数を占める20代から30代を優先したほか、10代が夏休み期間中にワクチン接種することで、副反応が出た際に、学業などへ支障を来さないよう配慮したという。
杉並区はこれに先立ち、60歳から64歳や、基礎疾患者の予約や接種を、7月6日から開始するとしている。
加藤綾子キャスター「打ちたい人が打つということですからね。本人や、それから保護者の考えで選択できる、そういった環境が整うことはいいことだと思います」
ジャーナリスト・柳澤秀夫氏「地域の実情に即した形で接種を進めることも必要ですし、最近は、変異型の影響だといわれるんですが、若年層、小さな子どもたちの感染も広がっているということなので、これはいいことだと思いますが、ただ、保護者から見ると、子どもへの接種は慎重にという声もありますから、これが同調圧力になるようなことだけは避けなきゃいけないなと思います。差別につながることになってはいけないですからね」
加藤綾子キャスター「『打ってないの?』という圧力にならないように。1人ひとりの選択の中で、打つか打たないかということですね」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする