逮捕の中国人「手錠」付けたまま逃走…集団登校・警察ヘリ出動の厳戒態勢も周辺住民の不安

茨城・つくばみらい市で6月9日夜、現行犯逮捕された中国人の男が手錠をつけたまま逃走した。周辺では警察による厳戒態勢が敷かれ、住宅の家宅捜索も行われている。
つくばみらい市では10日朝、多くの警察官が警戒に当たる中、集団登校をする子どもたちの姿があった。上空には警察のヘリコプターも見られ、厳重な警戒態勢が続いていた。
つくばみらい市 保育所所長:0歳のお子さんからお預かりしてますので、ちょっと不安なところはありますね
逃走したのは、唐恢祥容疑者(41)。
唐容疑者は9日午後11時50分ごろ、深夜にもかかわらずトラクターを運転。警察官は職務質問をしたところ、免許を持っていなかったことから、無免許運転の現行犯で逮捕した。
ところが、右手に手錠をかけた直後、警察官の手を払いのけ逃走したという。右手に手錠をつけたまま、川沿いを走って逃走したとみられている。
唐容疑者が運転していたトラクターは畑などで使う際には免許は不要だが、公道を走る際には大型特殊免許が必要なタイプだという。
近隣住民はこのトラクターについてこう話す。
近隣住民:(運転は)簡単ですよ。色んな操作、ボタンで指示すると自動で動いてくれる部分がある
唐容疑者は身長約170cmでやせ形。逃走時は黒いTシャツに黒いズボン姿だったという。
そうした中、10日午後4時過ぎ、警察による現場近くの住宅の家宅捜索が行われた。
(「イット!」6月10日放送より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする