小1が持ち帰った宿題が難しすぎる! 多くの大人が頭を悩まし…?

小学1年生の妹がいる、にべにかわ(@nibenikawa)さん。
妹さんが持って帰って来た宿題に多くの人が頭を悩ませました。
絵に合う言葉を枠に書くのですが…。
小一の妹の宿題の答えが全く分からない pic.twitter.com/ReHhfHDZIW
四等分にされているマスは、『ゃ・ゅ・ょ』が入るのだとか。
しかし、そのヒントを聞いても真ん中の問題の答えが分かりません。
投稿を見て、さまざまな予想が立てられました。
・『きしゃ』とかですかね…。会社に帰る『帰社』とか…ないか。
・旅や旅行を意味する、『きりょ』という言葉があるらしいです。でも小1には難しい!
・もう分からなくて、髪の毛を塗ってしまっているところがかわいい。
・何かが『きたっ』とかですかね。
なかなか正解は導くことはできません。
そこに、続報が!
今日妹が先生に答えを確認してきてくれました。結論から言うとこの問題は先生のミスだったようです。問題を「きしゃ」にするか「うんてんしゅ(画像は運転手でした。)」にするか迷い、その結果画像が混同してしまい超難問が完成したそうです。(つまり正解は「きしゃ」でした)
この宿題は、先生が自分で作った問題だったようで、イラストが間違っており、回答枠とあわないことが判明したのです。
正解は『きしゃ』だったようですが、なかなか難しい問題でした。
投稿には「先生もいろいろ考えていたのでしょう」「無事解決してよかった」など、声が寄せられています。
何はともあれ、無事に正解が分かってスッキリですね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする