勤務先消防署で放火容疑=男性消防士を書類送検―大阪府警

消防署の同僚のロッカー内に火を付けたとして、大阪府警捜査1課は10日、建造物等以外放火容疑で、枚方東消防署(大阪府枚方市)の男性消防士(27)を書類送検した。「訓練に身が入らず、怒られる悪循環が続いていた」などと話し、容疑を認めているという。
送検容疑は5月24日午前8時半ごろ、消防署2階にある同僚男性のロッカーの中にあった衣類に、持っていたライターで放火した疑い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする