トラックがバス停屋根に転落 ガードレール突き破り 湯河原

カメラが向かった先でとらえたのは、坂道から落ちたトラック。
バス停に覆いかぶさるようにして、斜めに止まっている。
突き破ったガードレールは荷台の下に挟まり、バス停の屋根はぐにゃりと曲がり大破。
10日午後2時半すぎ、神奈川・湯河原町で、「トラックが、ガードレールを突き破って落ちた」と、目撃した女性から110番通報があった。
警察によると、トラックが積んでいたのは、建設用の角材およそ250本。
現場の坂道をのぼろうとしていたが、急勾配だったため、そのまま後退。
ガードレールを突き破って転落したという。
男性運転手は、途中で運転席から飛び降り、すり傷を負った。
近所の人は、「普通だと上りですから、あまり考えられない落ち方。被害はなかったと思うんですが、人がいたら、バス停の真上なので、大変だったかな」と話した。
トラックが転落したバス停に人はおらず、通行人などに、けがはなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする