46年前に紛失の財布を取り戻した女性が感無量 「まるでタイムカプセルのよう」

(Andrei Vasilev/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)若い頃に失くした財布が、数十年のときを経て見つかったとしたら…。ある女性が、大昔にあきらめた財布を発見してもらい大喜びしたことを、『Fox News』などアメリカのメディアが報じている。
■財布を紛失アメリカ・カリフォルニア州で暮らすコリーン・ディスタンさんは、今から46年前のまだ20代前半の頃に、ある劇場で映画鑑賞を楽しんだ。しかし持っていたバッグの穴から財布が落ちたらしく、気づいた時点であわてて劇場に連絡し、すぐに確認してもらった。しかし財布は見つからず、中に入れていた小切手と家族の写真ごとあきらめるはめになったという。
関連記事:「崇められる長老ワニを仕留めてお財布に」 有名トロフィーハンターに批判殺到■46年の時を経て2020年には新型コロナウイルスの感染が拡大し、コリーンさんが若き日に映画鑑賞を楽しんだ劇場もしばしの休館を余儀なくされた。「しばらく使えないのなら、せめてその期間をうまく利用しよう」と考えた劇場の責任者は、メンテナンスを行うことにした。さっそく作業に入ったところ、スタッフのひとりが屋根裏で古びた財布を発見。そこで中身を確認すると、お金は入っていなかったが、コンサートのチケットや運転免許証、写真などが残っていた。■SNSがきっかけに…「財布を持ち主に返してあげたい」。そう願ったスタッフが、劇場のSNSに「コリーン・ディスタンさんという人をご存じないですか」「メンテナンス中に、財布を見つけました」「ぜひご連絡をお願いします」と書き込んだ。これがあっという間に拡散し、コリーンさんにも情報がすぐに届いたという。すぐに劇場に連絡し、財布を受け取りに行く約束をした。
■震えが止まらずようやく財布が戻り喜んだコリーンさんは、中身を確認しながら「ああ、震えが止まりません」「ワクワクするわ」「まるでタイムカプセルを見ているようです」と語った。そして数年前に亡くなった母の若き日の写真も見つけ、とても喜んだという。財布を発見したスタッフも一緒に喜び、「コリーンさんが思い出の品々を見ることができ、本当に嬉しく思います」とメディアに語っている。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする