【独自】同友会とTKP ワクチン接種で連携へ 「1000人以下」会員企業に

経済同友会は、貸会議室大手のTKPと連携して、1,000人以下の会員企業へのワクチン接種を行う方向で調整を行っていることがわかった。
関係者によると、経済同友会は、TKPの会議室とTKPが確保した医療従事者の提供を受けて、従業員規模が1,000人以下の会員企業への共同接種を行う方向で調整を進めているという。
今週中に、会員企業に対し、共同接種への参加を希望するかどうか確認するという。
TKPは、6月21日から、企業向けのワクチン接種会場として、貸会議室134施設を最大10日間、無償提供することを発表している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする