谷原章介、マクロン大統領が平手打ちされたことに「フランスってこういう国民性あるんですか?」

9日放送のフジテレビ系「めざまし8」(月~金曜・午前8時)で、フランスのマクロン大統領が8日、地方訪問中に、男から顔に平手打ちを受ける騒動があったことを報じた。
騒動は、マクロン大統領が南東部のドローム県タンレルミタージュでコロナ禍の市民生活を視察を訪れたマクロン大統領が、柵の向こう側に立つ男にあいさつしようと近づいた際、男が大統領の顔を平手打ちした。
ボディーガードらは即座に介入。平手打ちした男は28歳で別の28歳の男と拘束されたという。
番組では、平手打ちされる映像を放送した。VTRを見たMCの谷原章介は「国の首脳がたたかれる、衝撃的ですけど、フランスってこういう国民性あるんですか?」とコメンテーターに問いかけた。
コメンテーターからフランスの国内事情についての解説を聞いたが、その上で「SPついていて、こういう状態って防御体制、大丈夫なのかなって心配になる」と案じた。さらに「大事なくてよかったですけど、平手打ちで済んで良かったですけど平手打ちも許していけないような大事な方」とコメントしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする