東京五輪 選手間で感染拡大あれば「競技実施あり得ない」と田村厚労相

田村厚労相は、東京オリンピック・パラリンピックの開催中に、選手の間で感染拡大があれば、その競技を実施することはあり得ないという考えを示した。
田村厚労相「例えば、選手間で大幅な感染拡大があれば、当然、競技自体ができなくなりますから、競技ができないのに、その競技をやるということはあり得ないと思います。その状況、状況に応じて、組織委員会等々がお考えになることだと思います」
また、田村厚労相は、医療従事者が東京大会のボランティアに応募していても、地域の医療が逼迫(ひっぱく)すれば、キャンセルして、目の前の患者を優先するのは当然のことだと話した。
一方、政府分科会の尾身会長は、東京大会の感染対策をまとめるにあたって、組織委員会の決定について、途中でも変更があり得るのか確認をしたうえで、検討を進める考えを示した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする