同性パートナーも「内縁」認めて=元北海道職員が提訴―札幌地裁

事実婚の同性カップルについて内縁関係を認めず、扶養手当などを支給しなかったのは憲法が保障する「法の下の平等」に反するとして、札幌市の元北海道職員が9日、道と地方職員共済組合に計約483万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴した。原告側弁護団によると、同性カップルが扶養認定などをめぐって裁判で争うのは全国初という。
提訴したのは、元道職員で戸籍上は女性の佐々木カヲルさん(51)。
弁護団によると、佐々木さんは在職中の2018~19年、道に扶養手当の支給と寒冷地手当の増額、共済組合に扶養認定を求めた。しかし、道などは事実婚のパートナーが同性であることを理由に認めなかったという。
道や共済組合は異性カップルの場合、事実婚でも「内縁の配偶者」として支給を認めている。原告側は「異性カップルに認められている権利、義務が認められず、重大な不利益が生じている。不合理な差別で憲法に違反する」と主張している。
佐々木さんは提訴後に記者会見し、「裁判を通して、マジョリティー(多数派)の人々には普通の生活の中で当たり前に与えられている権利が、マイノリティーにはない事実を知ってもらいたい」と話した。
同性カップルをめぐっては、札幌地裁が3月、同性婚が認められないことは「法の下の平等」を定めた憲法14条に違反するとの判断を示した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする