投資会社経営者を脱税で告発 FXの利益隠し

FX取引で多額の利益を得ていた男が、脱税の疑いで東京国税局査察部から刑事告発された。
投資会社を経営していた釣巻剛志氏(39)は、FX取引で得た利益の一部のみを売り上げとして申告し、2018年までの2年間でおよそ1億7,200万円を隠し、法人税など4,000万円を脱税した疑いが持たれている。
釣巻氏は短期売買を禁止しているFX業者で取引し、口座が凍結されても、知人らの名義の口座を2年間で100口近く開設して短期売買を繰り返し、利益を得ていたという。
脱税した金は、FX取引の資金や不動産の取得にあてていたという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする