【独自】路上で後ろから近づき転倒させ約430万円強奪 22歳男逮捕

東京・北区の路上で、50代の男性から、現金およそ430万円を奪った疑いで男が逮捕された。
本多亨輔容疑者(22)は2020年3月、北区赤羽の路上で、50代の男性に後ろから近づき、背負っていたリュックのひもをつかんで転ばせ、リュックに入っていた現金およそ430万円とキャッシュカード1枚を奪った疑いが持たれている。
本多容疑者は、男性が普段から現金を持ち歩いていることを知り、犯行に及んだということで、警視庁は余罪がないか調べている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする