ゴルフ場にヘリで有料送迎=無許可容疑、社長ら逮捕―警視庁

国の許可を得ずにヘリコプターで客を有料送迎したとして、警視庁保安課は9日までに、航空法違反容疑で、ヘリ関連事業会社「クリアネット」(東京都港区)の社長佐藤秀臣(48)=港区六本木=、旅行代理店社長の中村和真(33)=中央区新富=両容疑者を逮捕した。
佐藤容疑者は「無許可でお金をもらい、ヘリで遊覧飛行やゴルフの送迎をしていた」と容疑を認め、中村容疑者は「違法とは思っていない」と否認しているという。
逮捕容疑は、国土交通相の許可を得ずに2019年10月~昨年1月、4回にわたり江東区新木場のヘリポートと静岡県内のゴルフ場の間を客8人をヘリに乗せて送迎。運賃として計約20万3000円を受け取るなどした疑い。
同課によると、佐藤、中村両容疑者の会社はゴルフ場へのヘリツアーや遊覧飛行を共催。福島県や三重県、和歌山県などでもヘリを運航していた。両社は17年8月~昨年3月に約8000万円を売り上げたとみられている。
静岡県内では昨年12月、佐藤容疑者の会社が共同所有するヘリが墜落し、操縦していた男性が死亡する事故が発生。今年3月には長野県で同社管理のヘリが墜落し、乗っていた6人が重軽傷を負っている。
事業用ヘリには年約6700万円の費用が必要といい、佐藤容疑者は「(時間や費用が掛かるので)国の許可を受けるのはハードルが高かった」と話している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする