「こわ!でけえよ」海面に背びれ…カヤック横にメジロザメ? 新潟県で撮影者語るジョーズ遭遇の瞬間

海面にのぞく三角形の物体。スーッと移動していきます。
これは新潟県柏崎市の海水浴場にほど近いところで撮影されました。海の上に出ている部分はひれのように見えます。これは専門家によると“メジロザメ”の一種ではないかといいます。
サメと遭遇した男性:ええっ?ウソでしょ。こわ!でけえよ、普通に。やばいでしょこれ初めてだよね見たの。結構デカい、デカいでしょ
目の前で不気味に動く“背びれ”。6月6日、それが目前まで迫ってきている様子が撮影されました。
サメと遭遇した男性:やばいでしょ、これ初めてだよね、見たの
撮影された場所は、新潟県柏崎市の沖合2kmの海上。海水浴場からも目と鼻の先でした。動画の撮影者が、めざまし8の取材に当時の様子を語りました。
サメと遭遇した男性:怖くなりましたよね、やっぱり大きいし。真後ろにヒレ見えて。ジョーズっぽいなと思いましたね
男性が友人と2人でカヤックに乗り、釣りをしていたところ、突然、現れたという背びれ。
サメと遭遇した男性:カヤックのパドルより一回り二回りくらい大きかったので。ヒレだけで40cmくらいあるのかなと思います。結構大きそうでしたね。2m~3mありそうでしたね。全体的に。尾ひれもちょっと見えたんで…
約3mはあったであろうというサメとみられる生き物。特に男性が恐怖を感じたのがその動きです。

サメと遭遇した男性:

出現する前、男性の友人は沖合で、釣った魚の血抜きを行っていました。その血の臭いに誘われて、サメが接近してきた可能性が高いというのです。
さらに、カヤックの周囲を回る動きについては。
動物研究家・パンク町田氏:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする