蓮舫氏、「50歳と14歳が同意性交して…」発言の本多議員に怒り「ご本人の認識が問われています」

立憲民主党の蓮舫参院議員が9日、自身のツイッターを更新。同党の本多平直衆院議員の「50歳と14歳が同意性交して、捕まるのはおかしい」という趣旨の発言に批判が集まっていることについてコメントした。
この日、本多議員の発言について「私は成人側の年齢は関係ないと考えます。そもそも、成人と中学生という非対等な関係の中で、未成熟な中学生に性行為に関する真の同意が行えると考えるのは、成人側の勝手な思い込みと考えます」と反論した同党の性犯罪刑法改正ワーキングチーム(WT)座長の寺田学衆院議員の見解を貼り付けた蓮舫氏。
「寺田さんのこの考えに尽きると、私も考えます」とつづると、「『不快な思いをさせお詫び』、不快な思いをさせたのではなく、ご本人の認識が問われています。このことは幹事長とも何度か話し、党として幹事長から厳重注意」と厳しく続けていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする