八代英輝氏、東京の五輪PV問題推察「おそらく都議選で強力なサポートを…小池さんは中止の判断を躊躇」

9日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・午前10時25分)では、東京五輪・パラリンピックの開催に伴い、都内でパブリックビューイング(PV)の開催が予定されていることを報じた。
国際弁護士の八代英輝氏は「小池(百合子都知事)さんの心中を推し測ることしか出来ませんけれども」と前置きした上で、「ライブイベントを開催したいというのは各地域の競技人口の底上げを図りたいという地域のNF(国内競技連盟)の皆さんとか、スポーツ関係の方々なわけですよね。そういった方々は、おそらく都議選において強力なサポートをする側なんだろうなと。小池さんの近くにいる方々は開催したいという意向を、小池さんは最大限くんであげたいと思っているのが、中止の判断を躊躇(ちゅうちょ)されている現状なのではないかと思う」と推察した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする