重機が高圧電線に接触 2人死亡 JR横浜線で一時運転見合わせ

神奈川・横浜市のゴルフ場で、高所作業車が高圧電線に接触した事故で、男性作業員2人の死亡が確認された。
また、接触した電線がJRの設備だったことから、横浜線が一時、全線で運転を見合わせた。
9日午前9時すぎ、横浜市の戸塚カントリー倶楽部で、男性作業員2人が高所作業車に乗って木の伐採をしていたところ、JRの送電設備に接触し、2人はその場で死亡が確認された。
JR東日本によると、設備の異常を感知し、点検のため送電を停止したことから、JR横浜線は正午から全線で運転を見合わせた。
大学生「これから大学に行こうと思っています。もう間に合わないです」
男性「30分くらいは待っているので早く帰りたい」
横浜線は午後2時すぎから、順次運転を再開している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする