旧九段会館が次世代型オフィスに 「オールジェンダートイレ」や「仮眠室」を整備

東急不動産と鹿島建設は6月8日、登録有形文化財建造物である旧九段会館(東京都千代田区)を一部保存しながら建て替える、「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」の概要を発表した。

「健康」「安心・安全」をテーマに、アフターコロナにおいて都心部に求められる持続可能な新しい働きかたを実現し、SDGsへの貢献をはじめとする社会課題を解決する次世代型オフィスの提供を目指す。

物件内に開業予定のシェアオフィスには、コンサルティング事業などを手掛ける「モノサス」(東京都渋谷区)の『ものさす社食研』と連携し、オフィスワーカーと地域に開かれた新コンセプトの食堂を設置する。食堂では産地直送のオーガニック食材を中心に利用し、栄養バランスの取れた定食スタイルの食事や産直サラダステーションを用意。さらにカロリー・塩分・栄養素などを見える化することで、より健康を意識した食事を提供する。

また、コロナ禍における社員同士のコミュニケーション希薄化を解決するため、ランチタイムには食堂として、その他の時間ではオフィスワーカー向けのラウンジとして運営。さらに、オフィステナントに対するフードサービスとして、ランチボックスやケータリングも提供する予定だ。

物件内には、内科・皮膚科・歯科・耳鼻科、薬局などが集まるクリニックモールを設置し、オフィスワーカーの健康支援を行う。各クリニックでは日常的な受診を行うだけでなく、新コンセプトの食堂と連携してオフィスワーカー自身の健康状態の見える化をサポート。クリニックからのアドバイスに基づいて健康的な食事・運動・睡眠を実践できるようにする。オフィスワーカー向けの各種健康セミナーの開催も予定している。

屋上には、オフィスワーカー専用の緑豊かな「屋上庭園」を整備する。生物多様性に配慮し、周辺環境と合わせた植栽に加えて健康家具を設置し、簡単なストレッチや運動ができる環境を整える。オフィスワーカー専用の「仮眠室」も設置し、健康的で生産性向上に結び付く働きかたを推進。また、「オールジェンダートイレ」や「礼拝室」も整備し、入居企業のダイバーシティー経営をサポートする。

安心・安全に寄与する取り組み
新型コロナウイルス感染症対策としては、3密(密閉・密集・密接)を避けたり、非接触・抗菌を実現したりする施策を行う。

具体的には、ICカードをゲートにかざしてエレベーターを呼び出すとともに、ボタンを押さなくても当該フロアへ移動できる仕組みを導入する。また、エレベーター内の空気は、深紫外線照射により除菌・消臭する。さらに、ラウンジ、食堂、エレベーターホールなどに混雑検知センサーを設置し、Web上やサイネージで混雑状況を事前に確認できるようにした。

災害時にも安心して利用できるよう、PCB設備も計画している。

入居企業用の備蓄品(毛布や飲料水など)を5日分確保して無償提供する。また、供給可能な非常用電源を120時間(5日間)分確保し、トイレやエレベーターといった共用部分を災害時でも利用できるようにする。地域の防災拠点として、帰宅困難者を受け入れる施設として開放する。

(仮称)九段南一丁目プロジェクト
敷地面積:約8,765平米

延床面積:68,108平米

規模:地下3階 地上117階

高さ:約74.9メートル

竣工:2022年7月(予定)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする