青山、涼感素材を使用した「すわりシゴト専用パンツ」発売

青山商事は6月9日、展開するビジネスパンツ「すわりシゴト専用パンツ」から、涼感素材を使用した夏仕様を発売した。テレワークやオフィスでのデスクワーク向けとして昨秋から販売している同製品。暑くなるこれからの季節に適した夏仕様のアイテムとして訴求する。

夏仕様の製品には、生地に接触冷感素材を採用し、“ひんやり”としたドライタッチな肌触りを持たせた。また従来の製品は、縦方向へのストレッチのみだったが、同製品では縦・横に伸縮する2WAYストレッチに改良。動きやすさを向上させた。

腰部の後ろには、特許を取得した「アクションプリーツ」を取り付けた。着席姿勢に合わせてプリーツが広がり、ヒップ部に感じやすい生地の張りを軽減する。また、ウエストストレッチや立体縫製を採用し、お腹回りの窮屈感解消や、膝部のゆとりにこだわった。

ニット素材と麻調素材の2種類を用意。色は、ブラック、ネイビー、グレー、ベージュの4展開で、価格は6490円とした。全国の洋服の青山、公式オンラインストアで販売する。

リモートワークの定着により、ビジネスウェアにも変化が生じている。「パジャマスーツ」が大きな反響を呼んだAOKIは、同製品に続く”新提案”として、同素材のシャツとパンツのセットアップ「シャツパンスーツ」を発売した。

テレワークや在宅ワークに適した製品として、「きちんと感」の演出にこだわった。ストレッチ機能に加え、自宅で洗えるウォッシャブル・防シワ仕様としたほか、パンツとシャツにポケットを付け、ちょっとした外出時にも対応できるようにした。

価格は4290円で、色は濃紺とチャコールグレーを用意した。また、ORIHICAの限定店舗では、ショートパンツバージョンを展開。着用シーンや用途に合わせて選べるようにした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする