墓地に毛布にくるまれた遺体 ジョギング中の男性が通報

茨城・取手市の墓地で、毛布でくるまれた男性の遺体が見つかった。
9日午前5時半ごろ、取手市稲で「毛布でくるまれた死体のようなものがある」と、ジョギング中の男性から110番通報があった。
警察官が駆けつけたところ、墓地と雑木林の間に、男性の遺体が毛布にくるまれ、その上から、ひもで縛られた状態で見つかった。
男性は40代から60代ぐらい、上下ともに下着姿で、顔にタオルのようなものが巻かれていて、目立った外傷はなかった。
警察は、身元の確認を急ぐとともに、死体遺棄事件とみて捜査している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする