パトカーから逃走中に衝突 20年以上無免許で運転 男逮捕

20年以上にわたり、無免許運転を続けていた男が、パトカーの追跡を受け、車にぶつかるなどした疑いで逮捕された。
原田義徳容疑者(53)は5月14日、神奈川・横浜市鶴見区で、一方通行の道路を逆走していたところ、パトカーの追跡を受け、赤信号を無視して交差点で車にぶつかり、男性運転手に軽傷を負わせた疑いが持たれている。
原田容疑者は2000年以降、免許の更新をしておらず、20年以上無免許運転をしていた。
原田容疑者は、調べに対して、「無免許運転をバレたくなくて追跡から逃げた」と供述している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする