菅首相 オリ・パラ開催に意欲 ワクチン10~11月で全希望者に

菅政権で初めて2年ぶりとなる党首討論が行われ東京オリンピック・パラリンピック開催の是非などをめぐり、論戦が繰り広げられた。
9日午後4時、少し緊張した面持ちで、菅首相は自身初となる党首討論に臨んだ。
相対したのは、立憲民主党の枝野代表。
緊急事態宣言の早すぎる解除は、リバウンドを招くと迫った。
立憲民主党・枝野代表「第5波は絶対に防がなければなりません。3月の(宣言)解除は早すぎたと反省を明確にしたうえで、厳しい基準を明確にすべきだとは思いますがいかがでしょうか」
菅首相「(解除については)専門家の先生方の委員会にかけて決定をする。まさにワクチン接種こそが切り札だと思っております。昨日は(接種数の増加が)100万回を超えてきました。10月から11月にかけては、必要な国民、希望する方 すべてを終えることも実現したい」
菅首相は、希望する全ての国民へのワクチン接種を10月から11月にかけて終える考えを初めて表明した。
さらに、最大の注目ポイント、東京でのオリンピック・パラリンピックの開催についても問われた。
立憲民主党・枝野代表「最大のリスクは、開催を契機として国内で感染拡大を招くことだと思っています」
菅首相「東京大会は感染対策・水際対策を徹底して、安全安心にしなければならないと思います。57年前の東京オリンピック大会、高校生でしたけれども、いまだに鮮明に記憶しております。例えば『東洋の魔女』といわれたバレー選手、食いつくようにボールを拾って得点をあげていました。そうしたことを、子どもたちにもやはり見てほしい」

自らの思い出に重ね、大会開催の意義を「世界が新型コロナという大きな困難に立ち向かい、世界が団結してこれを乗り越えることができた、そうしたことも世界に日本から発信をしたい、そうした思いであります」と述べた。
立憲民主党・枝野代表「でもきょうの総理のお答えを聞いたのでは、今のようなリスクも含めて、本当に命と暮らしを守れるのか。命が失われたら取り返しがつかないんです。そのことについての認識が十分ではないのではないか。危機を乗り切るために、機能する政府を取り戻すためには、政権を変えるしかないとあらためて確信をいたしました」
また、菅首相は、1週間後に閉じる予定の国会の延長を求められたのに対し、「国会が決めることだ」と慎重な考えを示した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする