柴犬のためにドッグランを作ったら? まさかのオチに「笑った」「顔がたまらん」

歌人の伊波真人(@inamimasato)さんのお父さんと、実家で暮らしている柴犬。
ある日、愛犬のために、庭にドッグランを作りました。
しかし!飼い主の思惑をよそに、愛犬の反応はというと…。
ドッグランを作ってあげたのに、ぜんぜん走ってくれません。 pic.twitter.com/0PmPH6i12T
ずうっっっと座ってる…!
愛犬は、広々としたドッグランに興味を示さず、気持ちよさそうに座り込んでいるではありませんか。
伊波さんいわく、比較的広いドッグランであるにもかかわらず、愛犬はいつもお気に入りの場所でジッとしているのだとか。
写真に対し、犬好きや犬を飼っている人々からは、こんなコメントが寄せられました。
・かわいすぎる!これぞドッグ走ラン。
・申し訳ないけど笑った。顔が「いらん」っていってて、たまらん…。
・分かる…。我が家のドッグランも、同じような使い方をされてる。
マイペースをつらぬく愛犬に、クスッとさせられます。
今後ドッグランは、日向ぼっこをするための広場として活用されることでしょう!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする