布団に包まれた男性遺体=墓地近く、死体遺棄で捜査―茨城県警

9日午前5時半ごろ、茨城県取手市稲の共同墓地近くの路上で、布団に包まれた遺体が見つかった。県警取手署によると、遺体は40~60代ぐらいの男性で、目立った外傷はなかった。同署は死体遺棄事件とみて捜査している。
同署によると、遺体は身長170センチぐらいの中肉。白い半袖の肌着と灰色のボクサーパンツを身に着け、頭部にはタオルのようなものが巻かれていた。全身を包んだ布団はビニールのひもで縛られており、近くをジョギングしていた男性(66)が発見、110番した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする