自民党・武井俊輔議員乗車 秘書運転で当て逃げ

自民党の武井俊輔議員の車を秘書が運転中に、自転車と接触事故を起こしていたことがわかった。
車の車検は切れ、自賠責保険にも入っていなかった。
8日、東京・港区六本木の交差点で、自民党の武井議員を乗せ、男性秘書が運転する車が、自転車に衝突する事故があった。
武井議員の車が現場を離れようとしたため、自転車の男性が追いかけ、車を止めたということで、乗車していた武井議員は、取材に対し、「当時、接触した認識はなかった」と答えている。
武井議員の車は、車検が数カ月間切れた状態で、自賠責保険にも入っていなかったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする