ネコの首に「動くと絞まる針金」が…”人為的に作られたわな” 相次ぐネコへの虐待

地元でかわいがられていたネコの首に、巻き付けられた針金が…このような動物虐待が相次いでいる。
ネコの首に巻き付けられた細い針金。針金は、ネコが動くと絞まる仕組みになっている。
佐久間みなみアナウンサー:千葉・八千代市の住宅街で、首に針金が巻かれた状態のネコが見つかったといいます首に針金が巻き付けられているネコが見つかったのは6月1日。
もともとこのネコは、地元の人々が去勢手術も行い、地域猫としてかわいがっていたという。ネコを発見した人:ひもみたいなのが(首に)ぶら下がっていて、首に刺さっているのかと思って、よく見たら(針金が)巻かれていた。(獣医師の)先生に診てもらったら「これは人為的、わざと作られたわな」「これはひどいね」となって、私もびっくりしちゃって
そのネコは、今ボランティア団体に保護されている。ととの森・今村瞳代表:この奥にいる子です
ネコは保護された後、”泰平(たいへい)”と名付けられ大切にされている。しかし、人間に怯えるようになったという。泰平君の入っているケージのドアを開けてもらうと…ととの森・今村瞳代表:怖いね、こんな感じです
実際に泰平君に巻き付いていた針金。
ととの森・今村瞳代表:引っ張ると、ここが締まるような感じになってますので、このまま放っておいたらたぶん死んじゃうので、すぐに病院に連れて行っていただきました
針金の仕掛けを使った虐待は、今回だけではないという。ととの森・今村瞳代表:(針金を)腹部に巻かれていた子が(見つかったのは)2~3か月ぐらいの間です。あと、首に巻かれて死んじゃった子は2年くらい前に
さらに警察によると、八千代市では2020年12月、空気銃によるネコの虐待も報告されていた。保護団体では、地域の見守りを強化している。(「イット!」6月9日放送より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする