インド変異株、国内で34人増=12都府県、累計87人に―厚労省

厚生労働省は9日、インドで流行する新型コロナウイルスの変異株が、7日までの1週間で新たに34人確認されたと発表した。累計は12都府県で87人となった。前週は24人増で、増加ペースがやや速まっている。
都道府県別の新規感染者は、東京9人、広島6人、千葉、神奈川、兵庫各5人、静岡2人、群馬、埼玉各1人。累計の最多は東京の23人で、千葉(12人)、兵庫(11人)、大阪(9人)、神奈川(8人)と続いた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする