岡田晴恵教授、大阪府の緊急事態宣言延長は「医療現場が持ちませんので、仕方がない」

4日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)では、東京など4都府県に緊急事態宣言を発出も下げ止まりが見られない新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。
大阪府の吉村洋文知事が11日に期限となる緊急事態宣言の延長について、大型連休明けに判断する考えを示したことに、元国立感染症研究所研究員で白鴎大教授の岡田晴恵氏は「これは、やむなしですよね」とし、その上で「実際に緊急搬送に時間がかかっているとか、本来なら入院すべき人が自宅療養になっていますよね。重症者のベッドも足りないと。これは医療現場が持ちませんので、現状の緊急事態宣言の延長は仕方がないと私は思います」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする