「次は終点」 バスの降車ボタンは押すべきなのか? 実際に事業者に聞いてみた

終点でバスを降りる際、降車ボタンを押さないことが多いようですが、中には押す人もいるようです。実際に押すのと押さないのとでは、どちらが正解なのでしょうか。また、注意すべき場合もあるようです。
バスを降りる際に、運転士に降車の意思を伝える「降車ボタン」。では次が終点の場合、ボタンは押したほうがいいのか、あるいは押さないほうがいいのか、どちらなのでしょうか。親が子どもに「終点だから押しちゃダメ」という場面も見かけます。バス事業者に実際のところを聞いてみました。
「次は終点」 バスの降車ボタンは押すべきなのか? 実際に事業…の画像はこちら

一方で、「終点」で運行が終わらない場合もあります。バス路線のルートがアルファベットの「P」のように環状になっている場合は、バスの行先表示器に掲出しているバス停に到着しても、そのまま運行を継続して、起点のバス停へ戻っていくことが多いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする