4日 みどりの日 気温とアイス指数が上昇中

4日 みどりの日 気温とアイス指数が上昇中の画像はこちら >>
きょう(4日:みどりの日)は広い範囲で気温が上がり、沖縄や、九州から関東で夏日の所が多くなるでしょう。気温とともに、tenki.jpの『アイス指数』も上昇。手軽な暑さ対策にアイスはいかがでしょうか?
全国的に気温上昇 広い範囲で夏日

きょう(4日:みどりの日)は、全国的に気温がぐんぐん上昇。午後2時までに京都市や、鳥取市、福井市などで、最高気温が25度以上の夏日になっています。この原因は高気圧が南にあり、低気圧が北にある『南高北低型』の気圧配置です。おおまかな考え方として、風は気圧の高い所から低い所へ吹く性質があります。このため、日本列島は広い範囲(主に、沖縄や九州から東北)で南風が吹き、きのう(3日:憲法記念日)よりも、気温が上昇している所が多くなっています。きょう(4日:みどりの日)の予想最高気温は、高松市、富山市で26度、熊本市、大阪市、名古屋市、東京都心、福島市で25度と、夏日の所がもう少し増えそうです。体がまだ暑さに慣れていない時期ですので、近所をお散歩したり、農作業をされたりする際は、直射日光を避けてこまめに休憩をとる、意識的に水分補給をするなどの暑さ対策が必要になりそうです。
手軽な暑さ対策に、アイスはいかが?

日本気象協会の『tenki.jp』では、バリエーション豊かな指数情報を掲載しています。その中で、『アイス指数』は、「アイスが食べたくなる」度合いを、天気や気温などのデータから計算しています。数字が大きいほど「アイスが食べたい!」と感じる気象条件です。アイス指数が50になると、アイスが食べたくなる人が多くなります。指数60は、バニラやミルクなどといったクリーム系のアイス、指数70は、シャリシャリとした舌触りがたまらないシャーベットがおいしく感じられます。指数80は、キリっと冷たいかき氷がおすすめです。きょう(4日:みどりの日)はアイス指数が70~80になっていて、全国的に指数が高くなっています。手軽な暑さ対策としてアイスはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする