女性に性器を噛まれた男性が「大きくなった」 喜びは続かず炎症で一部切除に

(Anut21ng/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)何人もの女性とベッドに入り、性行為を楽しんだ男性。その際に起きたことが原因である部分がサイズアップしたものの、あまりにも悲しい結果が待っていたことをアメリカの『The Daily Star』などが報じている。
■女性らとベッドインロシアで暮らす男性(55)が、複数の女性と性行為のためにベッドに入った。すると女性のひとりが興奮したのか男性の性器を口に含み、いきなり噛んでしまった。男性はその瞬間に「痛い」とは思ったが苦痛を上回る喜びがあったらしく、女性たちとの行為を続行。そのまま楽しいひとときを過ごし、様子を見ることにしたという。
関連記事:11歳女子が強姦され子宮外妊娠の結果死亡 まさかの祖父が逮捕へ■「立派になった」と喜ぶも…傷がついた性器はその後に腫れあがってしまったが、男性は心配するどころか「大きくなって良かった」と喜んでさえいたという。ところが、しばらくすると痛みも腫れもにひどくなったことから、男性は病院に行くことを決意。けがの状態を医師に診てもらうことにした。■喜びは喪失感に診察にあたった医師たちは、ひどく炎症した男性器を見て愕然。「ひょっとしたら虐待行為を受けたのではないか」「警察に連絡すべきなのかもしれない」と考えたが、男性は「通報なんてしなくていいんです、サイズアップして嬉しかったのですから」などと話したという。しかし、あまりにも性器の状態がひどかったため結局は通報され、警察も捜査をスタート。男性については「腫れた性器の一部を切除するはめになった」と報じられたが、どれほど回復する見込みなのかは伏せられている。

■多くの人に「恥ずかしい経験」しらべぇ編集部が全国10~60代の男女2,168名を対象に調査した結果、全体の61.9%が「思い出すと今でも恥ずかしい経験がある」と回答した。

複数の女性とベッドに入り、性器を噛まれケガをしたこの男性。炎症による腫れを「サイズアップだ」と喜んだこと、にもかかわらず一部を切除されサイズダウンしたことを海外でも報じられ、今はひたすら悲しんでいるに違いない。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする