宮根誠司氏、東京のコロナ感染者609人に「どう見るか、ゴールデンウィークが明けてみないと分からない」

4日放送の日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、この日の東京都の新型コロナウイルスの新規感染者が609人、重症者が65人となったことを速報した。
前日の708人からの減少、先週の火曜日の828人からも減少した数字に宮根誠司キャスター(58)は「ゴールデンウィークの真っただ中だから検査数が少ないのか、集計が間に合っていないのか、それともピークアウト起こしているのか、これは難しいですよね。609人をどう見るのか、ゴールデンウィークが明けてみないと分からない」と話した。
コメンテーターで出演の関西福祉大・勝田吉彰教授も「今日の時点で(分析を)言うのは遠慮したい。連休が過ぎて、いろいろなものが元に戻って、その時に出てきた数字がどうなのかで改めて言いたい」とした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする