北ア・槍ケ岳で3人死亡=「ホワイトアウト」か―長野県警

3日午後2時25分ごろ、長野・岐阜両県にまたがる北アルプス・槍ケ岳の飛騨乗越付近(約3010メートル)で、「仲間の1人が滑落した」と携帯電話から110番があった。長野県警によると、滑落した男性らは3人パーティーで、通報者を含む全員が4日午後までに救助されたが、その後いずれも死亡が確認された。
県警松本署によると、亡くなったのは岐阜県中津川市中津川、会社員田口貴章さん(28)、同県土岐市駄知町、会社員西尾英昭さん(37)、愛知県一宮市木曽川町黒田、派遣社員二ノ宮宏之さん(49)。
田口さんらは3日に岐阜県の新穂高登山口から入山し、山頂に向かっていたとみられる。田口さんと西尾さんは飛騨乗越付近の稜線(りょうせん)で、二ノ宮さんは西尾さんが見つかった地点から約180メートル下の斜面で発見された。
頂上近くの山小屋関係者によると、現場付近は3日午後、猛烈な風と雪で周囲が見えなくなる「ホワイトアウト」が発生しており、視界は非常に悪かったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする