北村義浩教授、東京五輪期間中のスポーツドクター募集メールが届いたことを告白…「驚いた…医師の感染防御が一切記載されていない」

日本医科大学の北村義浩特任教授が3日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。
番組では、五輪組織委が日本看護協会に対し、約500人の看護師派遣を要請していることを報じた。
今回の要請で反対論が起きているが菅義偉首相は「現在休まれている人がたくさんいると聞いている。可能だと思う」などと述べたことも伝えた。
また、組織委員会が大会中に各会場の医務室などで対応可能な日本スポーツ協会公認のスポーツドクターを200人程度募集していることも伝えた。
北村氏は200人のスポーツドクター募集に「200人の医師を調達するのであれば、できれば私としてはワクチンの方にその200人の方、行っていただきたい」などと述べた。
さらに、スポーツドクターの資格を持つ北村氏は自身のメールにこの募集が届いたことを明かし「僕自身は驚いたのは、私のように首都圏に住んでいる者は毎日、おうちに帰っていいんです」とし「別にPCR(検査)を毎日するとも書いてなくて、家に帰れば家族とも接しますし、あるいは行き帰りの公共交通機関の中で感染するかもしれない…そういう医師の感染防御、あるいは感染確認のための頻繁なPCRが一切記載されていなかったので、詳細は決まってない。まだ見切り発車的に募集だけかけておこうかって慌ただしいなっていう印象を持ちました」と明かした。
その上で北村氏は「できれば、勤める医務室にいる間は、決まったホテルなり施設で毎日PCRをやって、参加する1週間前からずっと毎日PCRをやってっていう厳しい制限をしないと、医師がPCR陽性ってもしわかると大変なことになります」と提言していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする