東京都医師会の尾崎治夫会長、生放送で東京五輪期間中の看護師やスポーツドクター派遣は「一切相談はない」

東京都医師会の尾崎治夫会長が3日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。
番組では、五輪組織委が日本看護協会に対し、約500人の看護師派遣を要請していることを報じた。
今回の要請で反対論が起きているが菅義偉首相は「現在休まれている人がたくさんいると聞いている。可能だと思う」などと述べたことも伝えた。
また、組織委員会が大会中に各会場の医務室などで対応可能な日本スポーツ協会公認のスポーツドクターを200人程度募集していることも伝えた。
司会の羽鳥慎一アナウサーは、組織委員会の顧問を務めている尾崎氏にこうした募集の「相談はあったんですか」と聞いたが、尾崎氏は「一切ありません」と述べた。
その上で「私はだいたい、いつも厳しい対応をするので、嫌われているのかもしれませんが、一切、相談はありません」と繰り返した。
これに羽鳥アナは「厳しいこという人には相談はこない?」と聞くと尾崎氏は「ですからスポーツドクターとか休んでいる看護師さんとか、そういう風にどんどん対象を絞っているような気がします」と明かしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする