親族にも「娘にむやみにキスやハグしないで」 ある母親の子育て方針が物議

(maroke/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)女性がカメラに向かって「最近育児でイラつくことがある」と訴えるシーンから始まり、続けて「むやみに娘にキスやハグをしないで」と話している。TikTokに投稿されたこの1本の動画が今、子育て世代の間で大きな話題になっているようだ。
■「触る前に娘の承諾を得て」オーストラリア在住のブリタニー・ボクスターさんは、もう少しで2歳になる女の子の母親だ。彼女はこのほど、TikTokへの投稿動画で「私が最近イラつくことを、今日ここで皆さんと共有しようと思って…」「娘に触るなら、本人にOKと言われてからにしてほしいんです」と思いをぶつけた。ブリタニーさんの両親をはじめ、親族や友人らは、赤ちゃんがかわいいあまり本能的に抱きしめ、キスをする。だが、その様子にうんざりしてしまうというのだ。
関連記事:女性の20人に1人が子宮に奇形あり 2つの膣を隔てる壁を切除する例も■誰もが「本気で言ってる?」赤ちゃんにも人権や自尊心があると考えるブリタニーさんは、親族らに「むやみに娘に触れたり、キスやハグをしないで。まずは本人の承諾を得て」と真剣にお願いしているという。言われた相手は「本気で言ってるの?」と驚いてしまうというが、そのときは「赤ちゃんは誰かの心を癒やしたり、愛おしい気持ちにさせるために存在しているわけではない」と答えるそうだ。

■人の気持ちを尊重する人間に否定的な意見があることは十分に理解しているとしたうえで、「たとえ誰かがそれで傷ついたとしても、娘の感情や体以上に大切なものはない」とも話すブリタニーさん。そのように育てることで娘には「ノー」と断る勇気が養われ、人の嫌がることはしない、他人の意見や気持ちを尊重する人間になると信じているという。この動画は40万回以上も再生され、「純粋にかわいがってくれる人に、そんなこと言う必要ある?」「確かに子供の意思も大切だ」など、多くの賛否を呼んでいる。
■義父母にイラっとする?しらべぇ編集部が全国10~60代の既婚者の男女825名を対象に調査したところ、「義父母の言動にイラッとしたことがある」と回答したのは全体の47.9%。すべての年代で女性の割合が圧倒的に高いこともわかった。

「義母が自分たちの家庭にズカズカと踏み込んで来て困る」「帰省が憂鬱」という意見も多いが、結婚後、相手側の家族とは上手に付き合っていきたいものだ。嫁姑問題も何世代にもわたって変わらない永遠のテーマとなっているが、ほどよい距離感を保ちながら仲良くやっていくのが理想だろう。 (文/しらべぇ編集部・桜田 ルイ)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする