【5月5日】お家時間を楽しむ端午の節句の過ごし方と開運方法

5月5日は、子供の日。男の子の健やかな成長を願い祝う端午(たんご)の節句です。軽やかに泳ぐ鯉のぼりが、青い空によく映えて心も和む季節となりました。それでは、お家時間を楽しむ端午の節句の過ごし方と開運方法についてご紹介します。詳しくみていきましょう。

端午の節句とは?

端午の「端」は、「はじめ」を意味します。もともとは月のはじめの午(うま)の日を指していました。5が午に音が通じること、5が重なることから、古くより月5日を重午、重五など呼び、お祭りをしたと伝えられています。

やがて男の子のお祭りとして定着し、五節供の1つなりました。五節句とは、「人日(じんじつ)正月七日」、 「上巳 (じょうし)3月3 日」、 「端午(たんご)5月5日」、「七夕(しちせき)7月7日)」、 「重陽(ちょうよう)9月9日」の5つの節句を指します。いずれも強い陽の気を放つとされる奇数が重なる大変パワーの強い日となっています。
なぜ五月人形や鯉のぼりを飾る?

勇壮な兜や鎧が凛々しい五月人形。弓矢や太刀なども飾られることがありますね。これらは全て命を守る大切な防具。知らず知らずのうちに小さな男の子についてしまったケガレを払い、末永い健康と成長を願います。空に舞う鮮やかな鯉のぼりは、「龍が天に昇る」という故事から立身出世を願い飾られたとされます。

なぜ柏餅や粽(ちまき)を食べる?

端午の節句料理として、柏餅や粽があります。柏の木は新しい葉が生えないと古い葉が落ちないとされる縁起のよい木で神事にも使われてきました。柏の葉で餅をくるみ食べることで、無病息災を願いました。粽の三角の形も魔よけとなるとされています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする