横浜市・高齢者ワクチン予約に市民がブチ切れ 「予期せぬ」事態にツッコミ相次ぐ

ゴールデンウィークも後半戦に突入した本日3日の午前9時より、神奈川県・横浜市では高齢者への新型コロナウイルスワクチン集団接種の予約受付を開始。しかし同市民からは不満の声が相次ぐ状態となっている。
■横浜市の講じた対策横浜市では、ワクチン接種に関する予約センターの電話や、予約サイトへのアクセス集中を避けるため、高齢者を年齢ごとに4段回区分し、個別通知を発送。3日時点では80歳以上(約34万人)、75~79歳(約19万人)への発送が完了しており、10日には70~74歳(約25万人)、14日には65~69歳(約19万人)に順次発送される予定だ。
関連記事:新型コロナワクチン詐欺と見られる不審電話が話題 関係機関に具体的内容を聞いた■当日の様子はというと…しかしこういった対策も虚しく、3日午前10時半時点、横浜市公式サイトは「予約集中のため、一時的に予約センター及び予約サイトの受付を中断しています」とアナウンスしている。【ワクチン情報:予約を一時中止しています。】
本日、高齢者を対象とした主会場での集団接種受付予約を開始しましたが、予約が集中し、一時的に予約を受け付けられない状況になっております。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。#横浜市 #ワクチン接種 横浜市広報課 (@yokohama_koho) May 3, 2021今後の予約受付に関する情報は、12時を目処に改めて発表されるとのことだが…こちらはあくまで受付に関する「情報」のため、12時から予約受付が再開されるワケではない。■市民が特に「イラッとした」箇所これらの対応を受けて困惑しているのは高齢者のみ…と思いきや、横浜市ではワクチン接種の予約をめぐり、老若男女問わず未曾有の混乱が発生していたのだ。今回の予約受付は年齢75歳以上の高齢者が対象となるのだが、予約や接種会場に関する情報は市の公式サイトのみに開示されており、スマートフォンかPC、電話を介してのみ予約が可能に。現代はもはや一人一台のスマホやPCを持つ時代とはいえ、これらを所持していない高齢者も少なくない。そのため父母・祖父母の予約を手伝うため、文字通り親族が「一丸となって」予約に臨んでいるケースが非常に多いのだ。おばあちゃん(88歳・横浜市)から「ワクチン案内きたけど難しいから助けて」と連絡きたので確認したらこれは・・・ ◯「予約開始や会場は市のホームページを見て」→インターネット使えない
◯「予約はスマホ・PCか電話」→スマホ・PC持ってない
◯予約期間・会場も資料に記載なし。 pic.twitter.com/jWAiMqn2sp 石山アンジュ (@Anjurian) April 27, 2021そもそも現在は回線がパンクしているため電話自体が用をなさない状態となっているが、「耳の遠い高齢者に電話で予約させるのは酷」という意見も少なくない。またこれらに加え、予約サイト内で登場した「あるフレーズ」が横浜市民の感情を大いに逆撫でしているようだ。
■「誰でも分かるだろ」とツッコミ相次ぐ予約受付システムに「接種券番号」と「パスワード」を入力してログインを試みるも、エラーが表示されて何度も弾かれてしまう市民が多数。その際に登場する「予期せぬエラーが発生しました」という文言に対し、ツイッター上では「いや、誰でもこの状態は予期できるだろ」「こういう状態を真っ先に予期してほしい」「この人ごと感がスゴい腹立つ」といった不満の声が続出しているのだ。一応「やっと予約できました!」という声が少ないながらも確認できるのだが、ユーザーの多くは延々と繰り返される「予期せぬエラー」への不満の声を上げていた。

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする