日本全国を花火で明るく! GW中に史上最大規模の花火大会が行われる

2021年4月29日~5月5日はゴールデンウィーク。最大で7日間、休日の人もいるでしょう。
しかし、2020年から続く新型コロナウイルス感染症の影響で、一部の地域では店が営業していなかったり、自宅で過ごすことが求められていたりします。
旅行や帰省ができず、例年に比べてワクワクしないゴールデンウィークを過ごしているかもしれません。
そこで「楽しいことがやりたい!」という想いから、立ち上がったのはTwitterJapanと株式会社若松屋。
日本全国の花火師ネットワークと協力し、『#花火駅伝』と称した各地を花火で明るくするプロジェクトが始まっています。
ゴールデンウィークの7日間、日本のあらゆる地域を対象に、サプライズで花火の打ち上げが行われているのです。
花火のチカラで日本中を笑顔に
子どもから大人まで、みんながピュアな気持ちで楽しめる。見ているといつの間にか笑顔になっている。見た後は、なんだかいつも優しい気持ちが残っている。
花火には、不思議なチカラがある。
今は遠く離れた場所にいても。それぞれの家からでも。みんなで同じものを見て、同じ気持ちでキレイだと感じ、心癒される。
そんなピュアな感動や願いを、Twitterの大きなひろがりに乗せ日本中で共有する。
史上最大規模の花火大会。
全国各地から打ち上がる花火に願いを込め、日本中のみんなで上を向いて、笑って楽しもう。
#花火駅伝 花火のチカラで日本中を笑顔に ーより引用
Twitterとも連携して、行われている『#花火駅伝』。
予定している花火の開催箇所は、200箇所以上だといいます。
また、事前にTwitterで募集したユーザーの想いが、花火玉と一緒に大空へと打ちあがるようです。
本日より遂に「 #花火駅伝 」がスタート致します!!花火の参加業者80社以上!花火開催箇所数200箇所以上!天気はあいにくの雨ですが、みなさんのGWの1つの楽しみになれればいいなと思います。#花火のチカラで日本中を笑顔に本日開催される場所で雨のため延期になる場所もあります。 pic.twitter.com/qtCpZMdBhc
一部では、ラジオやネット上でライブ配信をしているところもあるとのこと。
夜空に打ちあがる花火を見る時は、密集しないよう周りの人との距離をとって楽しみたいですね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする