具志堅用高さん、ボクシング世界戦のような「どきどきわくわく」故郷・石垣島で聖火ランナー

東京五輪の聖火リレーが1日、全国18府県目となる沖縄県で行われた。新型コロナウイルス感染拡大を受け、本島では名護市民会館周辺をランナーが約100メートルずつ走る形に。玉城デニー知事がトーチに点火。県出身のお笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリ(48)が第1走者を務めた。
聖火リレーのコースで最南端となる石垣島では、地元出身のボクシング元世界王者・具志堅用高さん(65)が、軽快な足取りで故郷を疾走。「世界タイトルマッチを戦うような、どきどきわくわくの気持ちだった」と笑顔を見せた。ヒット曲「366日」などで知られる沖縄出身メンバー4人のバンド「HY」は、名護市民会館周辺を走った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする