飛び降り自殺に巻き込まれ… 人生の絶頂期に死亡した女性が臓器提供へ

(Makidotvn/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)人生を謳歌(おうか)し、何事にも精力的に取り組んでいた若い女性。しかしいきなり信じがたい悲劇に見舞われ亡くなってしまったことを、アメリカの『People』などが報じている。
■突然狂い始めた運命アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴで暮らしていた女性(29)は、会社のシニアイベントマネジャーとしてバリバリ働き実力を認められ、充実した毎日を過ごしていた。最近ではネットで知り合った男性と意気投合し、デートを開始。数日後には誕生日を控え、祝われるのを楽しみにしていたという。そんな中、同女性は友人と外出。立体駐車場のそばの通りを一緒に歩いていたところ、同建物の上に20~30代とみられる男性がおり、今にも飛び降りようとしていた。
関連記事:ドナーの新型コロナPCR検査は「偽陰性」 臓器移植中に執刀医が感染で患者も死亡■自殺者よりも早く死亡立体駐車場の手すりにぶら下がり、自殺するタイミングを見計らっていたとみられる男性。手を離したのは、ちょうど女性が友人とその真下を通りかかった瞬間だった。男性は猛スピードで落下し、女性を直撃。これにより致命傷を負った女性は、現場で死亡が確認された。男性はその後ほどなくして救急搬送されたが手遅れで、病院で息を引き取ったという。■関係者のコメント仕事も順調で、新たな出会いにも恵まれて喜んでいた女性。しかし運悪く飛び降り自殺に巻き込まれ、何が起きたのか理解できないまま一瞬でこの世を去ってしまった。同女性の上司は「本当に素晴らしい人でした」「私にも娘がいますが、あんな女性に育ってくれたら誇りに思います」とコメントしている。

■「運の悪さを自覚」は4割超しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,880名を対象に調査したところ、全体の41.3%が「自分は運が悪いと思う」と回答した。

多くの人が自覚しているとはいえ、この女性ほど運が悪い人もそうはいないだろう。もし数秒でも駐車場の下を歩くタイミングがずれていたとしたら、死なずにすんだに違いないのだ。なお女性の複数の臓器は無事だったため、それらについては重病患者らに提供されるとみられている。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする