「ワクチンは殺人兵器」「打つと5年以内に死ぬ」と福井県議が警告――『コロナ陰謀論』の真実~その①~

「ワクチンは殺人兵器」「打つと5年以内に死ぬ」と福井県議が警…の画像はこちら >>「ワクチンは殺人兵器」「打つと5年以内に死ぬ」と福井県議が警告――『コロナ陰謀論』の真実~その①~~(画像)Ollyy / shutterstock
「新型コロナウイルスによる死者が、世界で260万人を超えた。歴史を振り返ると、戦争と疫病が人類の大量死の原因だ。それは、ある意味で人口調整機能でもある」

そうツイッター上で持論をブチ上げたのは、前東京都知事の舛添要一氏。2007~2009年に厚生労働大臣を務めた舛添氏だけに、コロナ問題に対する意識は高く、知識も極めて豊富である。そんな同氏が「人口調整機能」という言葉を使ったことで、世間をザワつかせたのだ。

確かに人口爆発や食糧難などにより、地球上の人類は危機を迎えているのは事実である。戦争やテロ、あるいは天災や疫病が人口を抑える〝抑止力〟となっているという見方は、一定の説得力を持っていると言っていい。

一方、福井県の斉藤新緑県議会議員は「ワクチンは殺人兵器」と自身の広報紙で断罪。「打つと5年以内に死ぬ」「新型コロナ騒動は『闇の勢力』が計画してきたもの」とし、「新型コロナは、人口削減と人の支配のために意図的に作られたものである」と結論づけた。この意見も舛添氏と同様、国民にショックを与えることになる。

「コロナなど最初から存在しない。世界の支配層が仕組んだ〝偽装パンデミック〟が実態だ!」

「ワクチンは危険。奴らは人口削減を狙っている!」

こうした言説は、以前からまことしやかにネット上を中心に囁かれてきたのだが、ここに来て急速に勢力を拡大している。そして、いよいよ世論も無視できなくなっているのが実情なのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする