アパート階段崩落、施工主捜索=住人死亡、業過致死容疑―警視庁

東京都八王子市の賃貸アパートで4月、外階段の一部が崩れ、住人の女性が転落死した事故で、警視庁捜査1課は2日、業務上過失致死容疑で、アパートを施工した「則武地所」(相模原市)や横浜市の設計事務所など数カ所を家宅捜索した。設計図書など関係資料を押収し、当時の施工状況について調べる。
事故は4月17日午後に発生した。2013年完成のアパートに住む大手里美さん(58)が外階段を上っていた際、木製踊り場と2階通路をつなぐ鉄製階段が崩落。大手さんは約2メートル下の地面に転落し、頭を強く打ち22日に死亡した。
捜査関係者によると、踊り場の内部は床板で、表面をモルタルで覆っていた。崩落した階段と踊り場はL字型の金具2個でつながれており、警視庁は踊り場の板が腐食し、金具とともに階段が落下したとみている。
則武地所には2日午前9時20分ごろ、警視庁の車両が到着。段ボールを持った複数の捜査員が家宅捜索に入った。設計段階では、踊り場は鉄製だったとの情報もあり、同庁は押収した資料を分析し、確認を進める。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする